ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンの効果を正しく得るために

ラクトフェリンについて正しく知ろう!

ラクトフェリンは、母乳や牛乳など、主に哺乳動物の乳に含まれるタンパク質。特に出産数日のヒトの初乳に多く、免疫力を高めたり、細菌やウィルスの感染症を予防するといったさまざまな効果があると言われています。

ここでは、そのラクトフェリンの主なはたらきや、どうすれば効果的にラクトフェリンを摂取できるのかなど、ラクトフェリンを使った健康や美容の維持に役立つ情報をお伝えしていきます。

ラクトフェリンのはたらき

1939年に初めてラクトフェリンが発見されて以来、世界中の科学者によってそのはたらきが研究されてきました。これまでにわかっているものだけでも、免疫調節機能、抗菌・抗ウィルス活性作用、ビフィズス菌増殖促進作用、鉄吸収作用、抗炎症作用、脂質代謝改善作用といったものがあり、健康を維持するために非常に大切なはたらきが多いことが知られています。

しかし、ラクトフェリンには食べ物から摂取しても酵素や胃酸によって分解されるという弱点があるため、多くは腸で吸収される前にその効果が失われてしまいます。では、どうすればラクトフェリンを腸まで届け、効果を得ることができるのでしょうか。その答えはサプリメントになったラクトフェリンにあります。

ラクトフェリンの効果を得るために

熱や酸に弱いラクトフェリン。その効果を得るためには、食べ物からよりもサプリメントなどから摂取することが望ましいと言われています。

食べ物に含まれるラクトフェリンは、加熱されたり、胃で消化されることによって分解されてしまい、ほとんどが腸まで届きません。しかし、サプリメントや健康補助食品として、腸まで届くように作られたものであれば、胃で分解されずに腸で吸収されるため、ラクトフェリン本来の効果が期待できるのです。